酵素ドリンクと清涼飲料水

酵素ドリンクを飲む際、炭酸水で割っても飲みやすくなると言われていますが、炭酸水は糖分の入っていないものを選ばなくてはならないという注意点があります。
炭酸水とイメージが似ている清涼飲料水のような糖分や添加物などが大量に入っている飲み物で割ってしまうと酵素ドリンク本来の力を発揮する事ができません。
酵素ドリンクにも糖分が含まれていますが酵素が出てくる段階で清涼飲料水に含まれているような糖分とは性質が体に負担がかからない糖質に変化しており清涼飲料水を利用してしまうとせっかく代謝や解毒の力が高まっているのに邪魔をしてしまうようです。
また糖分のない炭酸水で飲む際もあまり冷やした低温のものもおすすめできません。
個人差がありますが炭酸には温度によって体を冷やしたり温めたりする効果が高いと言われていて冷蔵庫で冷やして飲むと口当たりはいいのですが体を冷やしすぎてしまいます。
また温度が高くても酵素を壊してしまう為、適温とされる常温での摂取をおすすめします。
炭酸水自体にも胃腸の調子を整える手助けを期待出来たりするので糖分のない常温の炭酸水と酵素の力で体本来の調子が整い快適に過ごせるようになると生活も一層楽しくなります。