自宅でも簡単にできる酵素ドリンクの作り方

ダイエットに効果があると定評のある酵素ドリンクですが、自宅で作れることはご存知でしょうか。
作り方も簡単で、特別な器具も必要ありません。
用意するものは、旬の野菜や果物、ガラスの容器、砂糖です。
果物や野菜は、無農薬のものを使うのが鉄則です。
作り方は、まず、野菜や果物を皮のまま一口大にカットします。
小さく切るほうが発酵が促進され、上手く発酵させられるからです。
そして、カットした材料と材料の1.1倍の砂糖を、ガラス容器に交互に重ね合わせるように入れていきます。
底と上の部分に砂糖がくるように入れるのがコツです。
そして、密閉しすぎないように蓋をして、直射日光が当たらない温かな場所で保管します。
発酵するまでの目安は、1週間から2週間ほどで、その間は毎日石鹸で洗った手で空気に触れるように2回ほどかき混ぜます。
かき混ぜた時に、炭酸のような泡が出るようになると完成です。
最後に、ざるやキッチンペーパーで漉して、綺麗な瓶に保管します。
手間はかかりますが、自分で作った酵素ドリンクはよりおいしく感じられ、ダイエットへのモチベーションも上がるでしょう。市販の酵素ドリンクは高いと諦めている人は、この作り方で試してみてはいかがでしょう。