アーカイブ

生酵素ダイエットが静かなブーム!効果と方法を知りたい

酵素ダイエットからさらに進化した「生酵素ダイエット」がひそかなブームとなっています。
酵素と生酵素の違いはなんだろう?と首を傾げるでしょうが、違いとしては加熱されているかどうかですね。
酵素はそもそも熱に弱い栄養素で、加熱処理された酵素はほとんど壊れてしまっています。
そのため加熱処理されていない生酵素で、よりダイエット効果をアップさせようと流行しているのですね。
酵素ダイエットの効果と生酵素ダイエットの効果は変わりません。
生酵素を摂取することで代謝酵素と消化酵素を散りいれることができ、痩せやすい体質に変化することが可能となります。
つまり、酵素ダイエットよりもパワーアップした効果を実感できるというわけです。
また、生酵素を摂取することで、酵素では摂取できなかった植物性酵素を摂取することができます。
植物性酵素は、代謝酵素と消化酵素と違って、体内で製造することができない酵素です。
野菜や果物を食べることで摂取できるのですが、ただ野菜や果物を食べるよりも生酵素で摂取したほうが効果的に体に吸収してもらえます。
生酵素の摂取方法はさまざまです。
生酵素を摂取できる商品としては、「ドリンク」「粉末」「サプリメント」の3点があります。
生酵素ダイエットのやり方は、食事の前に飲む方法と食事と置き換える方法があります。
まず食事の前に飲む方法は、食事の約30分前くらいに生酵素を摂取するだけです。
空腹状態で生酵素を摂取することで生酵素の成分がきっちり体内で吸収されるので、効果がしっかり発揮されます。
食事と置き換える場合は、1日のうち好きな回数を生酵素で栄養を補う方法です。
http://www.viva-kouso.com/で紹介されている酵素ドリンクは有名ですね。
1日1食でも構いませんし、1日3食でもOKです。
ただ、食事を置き換える回数が多ければ多いほど生酵素ダイエットの効果が発揮されるので、短期間でダイエットを成功させたいのであれば、1日3回の食事をすべて生酵素に置き換えて、3日間過ごしましょう。
しかし、3日間の置き換えは少々大変で、まずダイエットを実施する前に準備期間として、低カロリー食を3日~1週間ほど、そしてダイエットが終了したあとに3日から1週間ほど、復食期間を設けなければリバウンドのリスクがあります。
ちなみに、生酵素は「ドリンク」「粉末」「サプリメント」で発売されていると紹介しましたが、購入する前に非加熱処理をしていることをしっかり確認してください。
加熱処理された酵素ドリンクでは生酵素と同じ効果を期待することができませんから、購入する前には注意が必要です。

この投稿は2017年9月20日に公開されました。

酵素ダイエットと筋トレの相乗効果

酵素ダイエットとは、酵素ドリンクや酵素サプリメントなどを飲むことで、新陳代謝を促し、消費カロリーを増やす基礎代謝をあげることで健康的に痩せるダイエットになります。
普通の食事制限ダイエットと違い、筋肉の量を減らずに痩せることができるので、リバウンドなども心配もありません。
また今まで通りの生活をしてるだけでも、確実に消費カロリーが増えてるため、少しずつ痩せることが可能なので、体が脂肪をため込むような反応などもありません。
その酵素ダイエットと筋トレを一緒に行うことで、さらなる相乗効果を生みます。
普通に酵素ダイエットだけでも問題ないのに、そこに筋トレを加えるのです。
痩せないはずがありません。
筋トレの内容は短い時間でできる加圧トレーニングを行うことが良いと言えます。
なぜかというと、短い時間で行えて効果が高いからです。
酵素ドリンクとの相性も申し分ないです。
また酵素にはお腹の調子を整える効果などもあります。
具体的には食事の前などに取ることで、お腹を膨れさせることができるので、食事を抑えることもできますし、体の中に入った食べ物の消化や吸収を活性化させる効果があるので、結果として腸を休ませることができるので、便秘改善へとつながります。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

自宅でも簡単にできる酵素ドリンクの作り方

ダイエットに効果があると定評のある酵素ドリンクですが、自宅で作れることはご存知でしょうか。
作り方も簡単で、特別な器具も必要ありません。
用意するものは、旬の野菜や果物、ガラスの容器、砂糖です。
果物や野菜は、無農薬のものを使うのが鉄則です。
作り方は、まず、野菜や果物を皮のまま一口大にカットします。
小さく切るほうが発酵が促進され、上手く発酵させられるからです。
そして、カットした材料と材料の1.1倍の砂糖を、ガラス容器に交互に重ね合わせるように入れていきます。
底と上の部分に砂糖がくるように入れるのがコツです。
そして、密閉しすぎないように蓋をして、直射日光が当たらない温かな場所で保管します。
発酵するまでの目安は、1週間から2週間ほどで、その間は毎日石鹸で洗った手で空気に触れるように2回ほどかき混ぜます。
かき混ぜた時に、炭酸のような泡が出るようになると完成です。
最後に、ざるやキッチンペーパーで漉して、綺麗な瓶に保管します。
手間はかかりますが、自分で作った酵素ドリンクはよりおいしく感じられ、ダイエットへのモチベーションも上がるでしょう。市販の酵素ドリンクは高いと諦めている人は、この作り方で試してみてはいかがでしょう。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

オーガニックとナチュラルの区別と酵素ダイエット

より健康や美容に良いものを身体に取り入れていきたいというのは現代のトレンドであり、オーガニックやナチュラルという言葉がよく知られるようになってきました。
健康食品でもオーガニックやナチュラルという言葉が用いられることが多くなってきましたが、その区別をしておくことが大切になります。
酵素ダイエットをする際に用いる酵素ドリンクにおいてもオーガニックであることをうたうものが多くなってきており、その表示の有無の意味を考えることが欠かせなくなってきているからです。
ナチュラルとは基本的には天然のままのものであるということであり、人工物を使用していないというものですが、厳密な定義がないのも事実となっています。
それに対してオーガニックは天然のままのものであっても、肥料などに人工の農薬などを用いていないことが必要とされるのが違いです。
酵素ダイエットで用いる酵素ドリンクの場合には添加物を使用していない場合には基本的には植物発酵エキスが用いられているだけであり、その植物は天然のままのものであってナチュラルです。
その植物が全てオーガニックであればオーガニックの酵素ドリンクと言うことができます。
酵素ダイエットをする上ではこの区別を理解しておくと酵素ドリンク選びの参考になるでしょう。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

酵素ドリンクの選び方

さまざまな種類がある酵素ドリンクですが、購入する前にはその選び方を知っておくことが重要です。
酵素ドリンクの選び方で重要なのは、入っている成分です。
原料にきちんとした酵素が入っているのか、添加物や保存料は入っているのか、という点です。
甘味料などの添加物が入っていると、酵素が働きが抑制されてしまうことがあり、きちんとした効果が得られないことがあります。
そのため、添加物などが入っていない酵素ドリンクを選んだ方が良いと言えます。
また、主成分としてエキスや糖分などが配合されているものは、飲み方によっては栄養不足などを引き起こす可能性があります。
そのため、こういった成分が主成分となっているものは避け、原材料が豊富で栄養がたくさん入った製品を選ぶことが大切です。
ほかにも、メーカーにも注目しておく必要があります。
信頼できるメーカーであるかどうかは、複数の判断基準がありますが、返金保証があることや成分などの記載がきちんとされているものは、安心して利用できるメーカーだと言えます。
選び方として、価格などを第一に考える人もいますが、どんなに安くても効果が無ければ意味はありません。
そのため、さまざまな製品を比較し、情報を得てから購入することが重要だと言えます。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

酵素ダイエットで見た目を大きく変える

酵素ダイエットを行うことで、見た目を変えていくことができます。
体重を減らすことで、スリムになることができますが、脂肪ではなく筋肉を減らすダイエットを行ってしまうと、体重の減り具合に比べて見た目があまり変わりません。
脂肪が多く蓄積していると、体に締まりがなくなってしまう為、ぽっちゃりとした体型が改善されにくくなるのです。
見た目をスリムに変えたいという希望を持っている人は、酵素ダイエットを行ってみましょう。
酵素ダイエットを行った場合、体についている脂肪を燃焼させることができるのです。
脂肪を燃やすことができれば、見た目も引き締まって見られるようになるので、バランスの良い体を手に入れることができるでしょう。
また、体の中でも特に脂肪が蓄積しやすいウエストやヒップ、太ももなども酵素ダイエットをおこなうことで、サイズダウンをしていくことができます。
ウエストが引き締まってきたり、ヒップがアップしてくれば、パンツスタイルも綺麗に着こなすことができるようになってきます。
また、太ももの脂肪が減ってくることにより、気になるセルライトも減らしていくことができ、気になる見た目を大きく変えていくことができるでしょう。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

便利な粉末タイプの酵素ドリンク

ダイエットや美容の定番になっている酵素ドリンクですが、粉末タイプのものも多く販売されてるのはご存知でしょうか。
今回はその粉末タイプ酵素ドリンクについて紹介します。
液状タイプのものはボトルに入っていますが、粉末タイプのものはチャック付きの袋に入っているのがほとんどです。
ボトルだと変に場所をとってしまって保存に困ることもありますが、袋なら戸棚や冷蔵庫の空いたところに入れて簡単に出し入れするこができます。
飲み方は付属の計量スプーンなどでコップなどに入れて水に溶いて飲むだけです。
また、フルーツ味などテイストがついていてスイーツのかわりにもなりますし、スムージーやムース状になるのでファスティングダイエットの際には液状タイプのものより腹持ちが良いです。
水で溶くだけでなく牛乳や豆乳、ジュースなどで溶いたりヨーグルトなどにかけて食べることもできるので自分の好みにアレンジして楽しく美味しく続けていくことができます。
チャック付きの袋なので持ち運びにも便利で、1杯分が個別包装になっているものもあるので外出先でも簡単に酵素ドリンクを飲むことができますよ。
粉末タイプの中にもたくさん種類があるので、気分転換にも色々試してみて自分に合った酵素ドリンクを選びましょう。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

酵素ドリンクと清涼飲料水

酵素ドリンクを飲む際、炭酸水で割っても飲みやすくなると言われていますが、炭酸水は糖分の入っていないものを選ばなくてはならないという注意点があります。
炭酸水とイメージが似ている清涼飲料水のような糖分や添加物などが大量に入っている飲み物で割ってしまうと酵素ドリンク本来の力を発揮する事ができません。
酵素ドリンクにも糖分が含まれていますが酵素が出てくる段階で清涼飲料水に含まれているような糖分とは性質が体に負担がかからない糖質に変化しており清涼飲料水を利用してしまうとせっかく代謝や解毒の力が高まっているのに邪魔をしてしまうようです。
また糖分のない炭酸水で飲む際もあまり冷やした低温のものもおすすめできません。
個人差がありますが炭酸には温度によって体を冷やしたり温めたりする効果が高いと言われていて冷蔵庫で冷やして飲むと口当たりはいいのですが体を冷やしすぎてしまいます。
また温度が高くても酵素を壊してしまう為、適温とされる常温での摂取をおすすめします。
炭酸水自体にも胃腸の調子を整える手助けを期待出来たりするので糖分のない常温の炭酸水と酵素の力で体本来の調子が整い快適に過ごせるようになると生活も一層楽しくなります。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

酵素ドリンクの販売店

酵素ドリンクを飲んでみたい、でもどこで販売しているのかわからない人も多いと思います。
近所の薬局やドラッグストアを覗いてみてもどこにも見当たらないと思います。
コンビニやスーパーで気軽に手に取れたらいいのですが、残念ながら酵素ドリンクは製造過程がとてもデリケートで長期の保存がむつかしい商品です。
お店では仕入れても廃棄になってしまうリスクが非常に高い品でもあります。
扱いづらい商品ということです。
販売している場所が見つかったとしても、種類が少なく比較もむつかしいです。
ただ実際に手に取ってみることはメリットですね。
では比較して多くの商品を知りたい場合は、どこで買えばいいのでしょうか。
ネット通信販売店、テレフォンショッピングなどメーカーから直接購入することがおすすめです。
各メーカーが競ってよい酵素ドリンクを作るために切磋琢磨、商品開発をしているため、特徴のある工夫された商品が手に入ります。
また、通信販売店で直接購入できるため、安全で保存料の入っていない新鮮な品を手に入れることができます。
通販でのデメリットとしては、実際に目で見て確認ができないことと、種類が多くて選べないということです。
目移りしてしまう場合もあります。

自分の性格、何に一番重きを置くかによって、どちらの販売店で購入するかを選ぶことが大事だと思います。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。

注目されてきている酵素ドリンクと酵素ゼリー

酵素は、体を動かしたり、息をしたりという、生命活動全般においてなくてはならないものです。
現代のわたしたちの生活には、酵素不足となる原因が多く存在しています。
酵素の不足は体内の代謝機能を引き起こし、痩せにくい体質を作ってしまいます。
最近、痩せやすい体質を作る酵素ダイエットが注目されてきています。
そんな中で、酵素ドリンクというものが出回ってきました。
毎日の食事の内容を酵素ドリンクやゼリーに置き換えたりして、体内に酵素を取り入れる方法です。
酵素ドリンクとゼリー、どちらがいいのかというのは、二つのメリット・デメリットを比べて考えるのがいいでしょう。
まず、ドリンクの方ですが、ゼリーより比較的安価であるということや、液体なので体内の消化酵素を無駄遣いしないですむことが挙げられます。
ゼリーの方は、口に入れやすい味の商品が多く、ダイエットを続けやすいということや、ドリンクよりも持ち運びが簡単でいつでもどこでも口にできるということが挙げられます。
これをふまえて、どちらにするかは、自分の生活スタイル照らし合わせて考えてみるのがいいでしょう。
仕事ばかりで家にいる時間が少ない、まずいのは嫌!という人は、ゼリーがいいかもしれません。

この投稿は2016年8月9日に公開されました。